昇級規定・昇段規定・受審手続き・登録規定について

2017年12月25日

昇級・昇段の規定についてまとめております。

自分なりに稽古を行うペースメーカーとしてご活用ください。

なお、女性は3級男性は初段から袴の着用が認められます。

また、各審査の受審条件にある稽古回数は、次により計算します。

  • 火曜・金曜・土曜の稽古・・・1回
  • 水曜・日曜の稽古・・・・1.5回
  • 樋口師範の定例稽古・・・・・2回

昇級規定について

昇級・初段審査を受けるための条件

昇級~初段の審査を受けるためには次の条件を満たしている必要があります。

稽古日数などを満たせるように考えながらお稽古に参加してください。

  • 36回以上の稽古をしている事
  • 審査級に必要な技をだいたい覚えている事

飛び級規定

審査の評価が満点に近く、師範が十分と認める場合には飛び級する事が有ります。

ぜひ、目標にしていただければと思います。

昇段規定について

2段以降の審査を受けるための基準をまとめました。

3段までの審査を受けるための条件

  • 前の段位取得から3年間稽古に参加している
  • 年間72回程度の稽古に参加できている

ただし、道場長が実力抜群と推薦する人間については、2年で審査を受ける事ができる。

4段の審査を受けるための条件

  • 3段を取得後5年間稽古をしている
  • 年間72回程度の稽古に参加できている

ただし、道場長が実力抜群と推薦する人間については、3年で審査を受ける事ができる。

5段以上の審査について

5段位以上については審査がありません。

指導員・師範を目指したい者の中から、実力が相当だと考える事ができる者にたいし、会から授与される事になります。

昇級審査を受けるための手続き

級~4段までの審査では次の手続きを必要とします。

申込条件

  • 審査の10日前までに道場長へ審査願いを提出する事
  • 審査日に審査料3,000円を支払う事

登録規定

  • 級に関しては審査に合格したら登録料5,000円が必要となります。
  • 段位の場合は、段によって登録料が異なります。合格時にご確認ください。

※飛び級・飛び段が生じた場合は、飛んだ級・段の登録料も必要となります。

Posted by 成宮隆行