toggle
滋賀県彦根市を中心に合気道を人生に役立てる活動を目指します!
2017-05-29

戦前の技を教えて頂く

ouhenko彦根の合同稽古がありました。

教えて頂いたのは戦前の合気道です。

六方と巴の捌きを、外・内で使った技を稽古しました。

戦前の技は難しいですね・・・・。

動きが鋭利になるので、相手とぶつからないことが難しいです。

当たってしまうと、かなりグラついてしまうし、安定感を維持するのが難しく感じます。

どうしても力が入ってしまうし、力を抜いて楽に技をかけると、何となく違うような気がする・・・。

自分がある程度理解できている技と比較しながら、理解を深めていくとわかりやすくなるかもしれません。

古い技を理解することの必要性

当然のことながら、古い技は捨てられたというわけではありません

たまに、技が変化すると、頭の中で上書き保存してしまう人がいます。

常に最新の習った技が正しいと考えてしまうのでしょうか?

これはとても勿体ない話です。

合気道には試合がないのだから、どれだけ広く、深く、技を理解しているかが勝負です。

古い時代の技を理解していく行為は、技の根幹を理解しようとするのに役立つだろうと思います。

技の形を決める必要のなさ

そもそも、千変万化する状況に対応する中で「正しい技の形」などという主張が通るはずもありません。

有事の際に、最も理にかなった使い方ができた技が、その時の正しい技の形となります。

手はこの時習った技、足はこの時ならった技・・・・技の引き出しが多い程、状況に合わせた技の組立てができるはずです。

普段の稽古の中で、理合の存在を無視してしまい、形そのものの正しさに拘りすぎてしまうと、状況に合わせた柔軟な技が使えない状態になるでしょう。

「○○先生はこのように示されたから、こうでしょう。」

単に形だけの違いを見つけて、このように言うのは危険信号かもしれません。

ちょっとした身体的特徴の違いなどで、技の理合は変わってしまうからです。

「○○先生が示された技の理合はこういうものだから、その理合を表現するために、もちろん動作はこうなっていかないといけません。」

これなら、身体的な違いなども加味した、発展的な稽古ができる気がします。

技の形は理合によって形成されているのだから、そもそも、技の形を決めてしまうことなどできないのかもしれませんね。

稽古後は昼食会

昼食会は、新たに準備した彦根市京町道場で行いました。

お店を使うよりもリラックスできるかもしれませんね。

先生にも色々なお話を伺う事ができましたし、楽しかったです。

今度は、でっかいホワイトボードでも付けましょうかね。(^_^;)

あの場所を活用して、色々な事ができるようになったら、もっと高度な合気道が求められるでしょう。

これからが楽しみです。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。